Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判定日

日付が変わって昨日27日は初の判定日でした。

結果からご報告すると・・・・

妊娠反応(+)
hcgの値が2.87

先生からは、
「妊娠反応が薄っすら出てるんだよね。
でも普通hcgの値がこの時期111を越えてなきゃいけないから
妊娠したとは言えないねぇ。。。
反応が出てるから、着床はしたんだろうね。
いいたまごを戻して、戻した時の内膜も11mmを超えてたし、
たまごがこれ以上育たなかったってことしか、原因が考えられないね。。。」とのこと。

「仕事しながら頑張ったのにね。凍結卵があるから、次また頑張ろうね」と
言われたらもう涙が止まらなくなりました。

追記を表示

スポンサーサイト

カミングアウト

実は木曜の晩から旦那さまの両親が新居にご宿泊~
何もこんな時期にと思っていたけど、
とても楽しみにしているご様子で、素直に受入準備(主に物置部屋から宿泊部屋へのお掃除)に明け暮れていました。

いづれにしても、両親が来ている間もクリニックには
注射をしに通う訳で、一体どういう説明をするのか旦那さまと相談したところ、
これは正直に話をしようと言ってくれました。
この発言はすごくうれしく、ちょっと意外でした。
旦那さまとしては当然話したくなかっただろうけど、
私が話して!って言う前に、自ら話すと決めてくれた旦那さまに感謝です。

実際カミングアウトしたら、義母は泣いていました。
でも私たちの治療のことを理解し、応援してくれました。
義母にしてみれば、とても心配してくれていたようで、
なかなか私には言い出せなかったようですが、その気持ちがうれしかったです。

追記を表示

凍結

相変わらず注射の毎日です
木曜の移植後は安静に1.5日過ごしたものの、翌土曜日は友人の披露宴に参加
ヒールの高いいつものミュールは封印し、ノンアルコールで過ごしました

昨日から会社も15分程度早退させてもらって通院を始めました。
やはりこの数分が気分的に全然違います
これで少しはストレスが減ってるのかな?

さて、今日は内診だったんですが、
内膜は11mm→14mmになっていたし、血液検査の結果も問題なし。
そして凍結出来るたまごちゃんについて説明が。
報告書を見ると凍結卵1個。
。。。。。
1個。。。。
順調に育っていたたまごちゃんが3個あったのに。。。
ちょっとショック。
1個は移植、1個は凍結。
もう1個は途中で分割が止まっちゃったのかな?
育っていたたまごちゃんたちは写真をもらってて、
その成長具合も見ていただけに、
なんだか成長が止まっちゃったたまごちゃんたちを思ったら、
泣けてきました
私のところに戻って来れないんだ、と思ったら切なくて。。。
成長が止まってしまったたまごちゃんたちは何が悪かったんだろう?
今、私の中にいるたまごちゃんは成長しているのか?
不安で不安でたまらない気持ちです。

ナーバスになってるみたいです、私。

移植してきました!

本日無事に1つのたまごちゃんを移植してきました
今日もトイレ気をつけなくちゃ(またトイレネタかよ。。。)と思いつつ、
待ってる1時間で溜めればいいや~と気楽な気持ちでクリニック到着
待合室に行くとなんでこんなに空いてるの?って感じでガラーンとしてました
やばい!急いで溜めなきゃ!と持参したお水をガブガブと。。。
間に合ってくれ~と祈る思いで飲み尽くしました。。。

さてさて、たまごちゃん達は頑張ってくれていて成長具合は

胚盤胞2つ
桑実期胚1つ
6分割1つ
4分割1つ

こんな感じでした。

その中で院長イチオシの一番よい胚盤胞(5BB)を移植することに決定!

追記を表示

胚盤胞培養へ

今日はたまごちゃんたちのお迎え日

朝から甲状腺のクリニックへ行き、
先月からの約一ヶ月の薬の効果があまりなく、
しょぼぼん。。。
でも先生に今日の午後体外受精の移植予定と話したら、
「若干機能低下がみられるけど、この数値なら大丈夫。
でも薬は少し強めの処方するから、飲みつづけてね」とのこと。
よかったぁ。。。

さて本番の移植ですが、他のお友達のブログでも拝見してましたが、
本当にトイレの我慢がつらかった。。。
待っている人の人数からすると、予定時間通り内診は始まらない!と
勝手な判断で予約時間10分経過した時点でトイレ行っちゃいました
結局予約時間から1時間強待たされたので、
待っている間にお水飲んで溜めたのでなんとかなったのかな

そしてそして内診は。。。

追記を表示

Appendix

プロフィール

なこ

Author:なこ
結婚6年目、専業主婦32歳。
派遣OLと主婦の兼業をしつつ、不妊治療開始。
約3年の不妊治療(途中お休み期間有)の末、
妊娠することが出来ました。

2002年7月結婚
2005年4月近所の産婦人科で検査・不妊治療開始
2006年4月平日夜にも通える不妊治療専門の病院に転院
2006年7月不妊の原因として“男性不妊”が発覚
2007年7月男性不妊に力を入れている病院に2度目の転院
2007年9月TESEを受け、無事に精子くんを回収→凍結
2007年11月初の採卵・顕微受精
採卵数7個、受精数6個→胚盤胞2個
5BBの胚盤胞を移植
3BBの胚盤胞を凍結
2007年11月妊娠判定(+)が出たものの、
HCG値が低く、化学流産
2008年1月3BBの凍結胚盤胞を移植
2008年2月陽性反応
2008年2月胎嚢・心拍確認
2008年3月産院に転院
2008年10月16日 出産予定日

ぜひお気軽にコメントを残していってくださいね!

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Wedding Anniversary

最近の記事

最近のトラックバック

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。